本文へ移動

乳児保育(担当制)

乳児保育

小谷こども園では、保育担当制を行っています。
これは、「その子どもにはその保育士」というように、それぞれ決められた保育士がお世話をする、というものです。

いつも世話をしてくれる大人が決まっている(家庭でのお母さんがそうであるように)ということは、子どもの情緒を安定させます。
子どもはいつも保育士の優しい眼差しに見守られているので、困ったときにその保育士を見ればすぐにどうしてほしいか分かってもらえるし、助けてもらえます。
ですから、担当制は子どもの内面を支えることにも適しています。
目にみえる形であらわれる運動発達と違って、内面の発達は目に見えにくいものですが、決められた保育士が受け入れる、子どももわがままが言えるという関係性の中で、子どもの内面の発達を支えていくことができるのです。


また担当する保育士が子どもの発達段階や心理状況などをよく把握して、丁寧に接してあげられる結果、子どもも習慣がきちんと身につけやすいということがいえると思います。

一人ひとりを大切に

0歳児は、1対1で食事を
します。保育士のお膝に座
り、姿勢をしっかり保持し
てゴックンが上手にできる
ように見守ります。
1歳児は、2〜3人に対して
保育士が1人。2歳児は、
3〜4人に対して保育士が1
人で食事の見守りをします。
一人ひとりのオリジナル
の足おきマットを用意し、
食事の時に足が床にしっ
かりつくようにします。
ゆったりと落ち着いた
環境の中で、食事をし
ます。
食事の時間は、朝食の
早い子、遅い子の生活
のサイクルに合わせて
しっかり空腹感を感じ
て食事ができるように
しています。
食事の量は、子ども
たちにたずねて、配膳
していきます。
2歳児、3対1で食事
をします。
ご飯を食べたら、ベット
で寝ます。

遊び

乳児クラスでは、子どもの月齢や発達に応じたあそびを提供する為に、手や指を主に使う『微細あそび』と、体を動かす『粗大あそび』をバランスよく取り入れています。
大人があそび方を教えるのでは無く、見本となって一緒にあそび、子どもの「やりたい」という気持ちを引き出す様にしています。「出来た」という気持ちに共感し、「もっとやりたい」の意欲をあそびを通して育てています。

遊びの風景

新聞遊び

手作りおもちゃ色々

触れ合い遊び

0歳児は、毎日ベビーマッ
サージをします。
みんなベビーマッサージ
が大好き。
ベビーマッサージは、心地よく
情緒が安定します。

小谷こども園
滋賀県長浜市小谷丁野町2481-1
TEL.0749-78-2006
FAX.0749-78-1871
──────────────
1.保育施設の運営
2.
保育に関わる業務全般
──────────────

TOPへ戻る